カテゴリ: スタッフのつぶやき

小学6年生と中学3年生を対象に 今年4月に実施された【全国学力調査】の結果が公表されました。
大阪府では 小学生の国語と算数、中学の国語と数学は全国平均に及びませんでしたが
なんと英語は全国平均を上回っていました

橋下徹元府知事の【大阪を国際的な街に】の取り組みが引き継がれ 
教員の研修にも力を入れてきた成果が出たのかもしれません。

ただ 【英語を話す力】と【書く力】は正解率が低いのが日本での課題です。

これからどんどん国際社会になっていきます。
英語の力は グループや大人数の授業ではなかなか身につかない単元もありますので
夏休みの時間を使って 話したり書いたりの技能を伸ばしましょう~
イメージ 1

只今、創業36周年キャンペーン期間中で、実際の担当プロ家庭教師による有料体験学習も好評受付中です!
是非とも「確実に結果を出す阪大エクセルのプロ家庭教師」をお確かめくださいませ。
ご質問やご相談はお気軽に(*^^)v
 家庭教師の阪大エクセル
 0120-315-257

梅雨が明けるともうすぐ夏休みですね
小学生のお子様がいらっしゃる保護者の皆様
夏休みにしか出来ない思い出作り を考えておられるのではないでしょうか・・・

夏休みは、お勉強の方も 力を付けるチャンスです。
週に1日、 週に2日・・・  大学生のお兄さんやお姉さんと一緒に宿題をしたり
1学期の復習2学期の予習をする事は、長期の休みに生活のリズムをもたらし、メリハリが付いて有意義に過ごす事が出来ますよ~

家庭教師が初めてで どんな感じか分からない・・・
そんなご家庭も多いと思いますので 
家庭教師の阪大エクセルの【有料体験】を受けてみませんか
有料体験は 実際に指導を担当させて頂く教師を送ります。
日時や科目や相性などを考慮して厳選してますのでご安心くださいませ。
万一、相性等が合わない場合は当然、無料にて教師の交代も可能ですよ。イメージ 1

生徒様が有意義な夏休みを過ごせますよう
家庭教師の阪大エクセルがお手伝いさせていただきます。
ご質問やご相談はお気軽に~(*^^)v
     フリーダイヤル            0120-315-257
  家庭教師の 阪大エクセル

先日新聞に 【中学受験はした方がいいですか?しない方がいいですか?】と言う質問がよくありますが
これについて考えてみましょう~と言う 教育ジャーナリスト おおたとしまさ氏の記事がありました。
要点は・・・・
まず確認すべきことは 
 『いい』 って何? という事。

将来 有名大学に合格できること ➡ これが 『いい事』 なら
   お目当ての大学に沢山の卒業生を送りこんでいる高校を調べると良い。
   ですので 必ずしも私立中高一貫校に入る必要はない。

大企業に就職して安定した生活を送ること ➡ これが 『いい事』 なら
   今時、安定を求めて大企業に就職させようと思うこと自体難しいし 先の事は    分からない・・
   中学受験をする・しない とは関係が薄い

中学受験をするのと しないの、どちらが将来幸せな人生を送れますか ➡ 
お子さんにとっての 《幸せ》 って何ですか? と答えるしかありません

なるほど~~と思いました。
要するに、中学受験をする・しない、あるいは希望の学校に合格できる・できない
で、人生の良し悪しが 決まるわけではないのですね

一般的には 『最高』 とされる選択肢を得たとしても それを生かせなければ何にもなりません。
人生における 【決断】の良しあしは 決断した時には決まらないのです

自分の 【決断】 を 事後的に 【正解に出来る力】こそ 
「正解のない時代」に 『自ら正解をつくり出す力』 になるはずです・・・・

★★★
家庭教師のエクセルでは、公立・私立 どちらの中学受験対策も致します。
お子様の力がつくよう サポートさせて頂きますのでお任せくださいませ。イメージ 1

ご質問やご相談等
お気軽にご連絡くださいませ。

   家庭教師の 阪大エクセル
    0120-315-257

小学5年のMちゃんは、友達の行ってる塾に行かして欲しいとお母さまに頼みました。
勉強する気になったのね♥(*^^)と お母さまも大喜び
さっそく新学期の4月から送迎バスで塾通いが始まりました。
ところがゴールデンウイーク中頃から元気がありません。
よく聞いてみると・・・宿題が沢山あって 難しくて分からないから出来ない・・・と
Mちゃんは 学校や塾の授業や宿題がこんなに大変だとは思っていなかったようです。
こんな状況を続けるわけにはいかないと お母さまから相談があり
週一回 塾のフォローをする家庭教師の先生が行くことになりました。
大学生の優しいお姉さんの 『大丈夫よ~分からない所はいつでも言ってね
の言葉に ホッとしたMちゃん。
笑顔も戻ったようです
お子様は 親に心配をかけてはいけない・・・と 胸を痛めている事もあります
Mちゃんのお母さま 早く気づけて良かったですね~
分からない問題が どんどん増えてしまうことは お子様には恐怖以外の何モノでもありません
その上 テストで点数が出るのです・・・
阪大エクセルでは、そんなお子様の力になれますように、お子様に合うご希望の先生をお選びいたします

 ご相談はお気軽に~ (#^.^#)イメージ 1
  家庭教師の阪大エクセル
  0120-315-257

2020年教育改革の目的は、社会に出てから夢や目標を実現する為に必要な能力を高校や大学で身に付けられる様にしようという事です。
その為にすべき事を記載しました。

本や新聞を読んで「文章を読む習慣」付けを行う。
文章を読む事で沢山の表現や言い回しを知って、長文や論理的な文章を書く事にも繋がります。
さらに読み手が理解出来る言葉で表現する文章を考える事は思考力を鍛える事にもなります。

小学生のうちに文章を読む練習や漢字・言語事項の学習の中で語彙を増やし、短い文を書いたりするトレーニングをしていく。
能動的な学習習慣を身に付けて、集めた情報を基に自ら考えて根本原理を掴み、それを自分の言葉で説明したり出来る様になる事が理想です。

中学生では、原理など実体のないものを理解したりイメージしたりする抽象的思考力を身に付けていきます。
より多くの文章を読み、自分で考える時間を作る事で読解力思考力が鍛えられます。

高校生は、より複雑な思考力が求められます。
自分が納得いくまで調べて深堀しながら問題を解いたり、考え抜く経験を積も事で論理的思考力が身に付きます。
高校で身に付けるべき「自学力」は将来、社会に出た際に自分自身で物事を考え決断し行動出来る人間になる為に必要不可欠です。
「大学入学共通テスト」では、思考力に加え判断力表現力が重視されます。

只今、創業36周年キャンペーン期間中で、実際の担当プロ家庭教師による有料体験学習も好評受付中です!
是非とも「確実に結果を出す阪大エクセルのプロ家庭教師」をお確かめくださいませ。イメージ 1

家庭教師の阪大エクセル(*^^)v
   0120-315-257

↑このページのトップヘ