A I(人工知能)の活用により、今後10~20年で現在ある仕事が機械に代替えされると言われていますので、社会に出て主体性を持って活躍出来る能力を身に付ける必要があります。
その為には、文章を読む習慣が大事です。
本や新聞を読む習慣がなければ「文章が読めない」「文章が書けない」という問題を引き起こし、書き手が主張する意図を正確に把握し頭の中で整理する「論理的思考力」を養う事が出来ませんから。

『小学生のうちから考える力を身に付ける』
思考力の根本は国語力にあるので、本に親しめる環境作りや能動的な学習習慣を身に付ける事が重要です。

『中学生では自学自習の習慣付けが必要』
具体的事象から抽象的な思考が出来るように思考力を鍛えていきます。
自学自習で文章を読み自分で考える時間を作る事で思考力を伸ばせます。
中学校では全ての科目が関係し合う為、五教科満遍なく学習する事が大切です。

『高校生では自学力を更に高めるトレーニングをする』
大学入学共通テストでは、思考力に加え判断力と表現力が重視されています。
高校での学習内容は量的にも質的にも高度化してくるので、沢山の事柄を覚える時間や、じっくり考えて理解する時間さらにはトレーニングして頭になじませる時間も必要です。

 思考力を伸ばす為にする五つの事柄! 
① 文章を読んで理解する
② 自分の言葉で考えをまとめる
③ 教科の学習を通じて知識や新しい考え方を身に付ける
④ 興味のある事を調べ関連する情報を集める
⑤ 自分自身で物事を考え抜く

家庭教師の阪大エクセルの教師陣は、に生徒に寄り添い、生徒が勉強に対する意識やモチベーションアップを継続出来る様に働きかけております。イメージ 1

只今、創業35周年キャンペーン期間中で、実際の担当プロ家庭教師による有料体験学習も好評受付中です!
是非とも「確実に結果を出す阪大エクセルのプロ家庭教師」をお確かめくださいませ。

家庭教師の阪大エクセル(*^^)v
   0120-315-257